オランダ移住とビザ手続き:追加書類は免れた

ブログの内容が現実に追いついてから、なんだか実況中継みたいなブログになってきてますね。

今日、また弁護士さんから連絡がありました。
曰く、
「移民局から連絡があって、
『審査に時間がかかってて、申請者(私のこと)に補償金を払わねばならななるタイミングまでに審査が終わりそうにない』
ということです」
どうも、一定の時間を過ぎると、申請者に補償金を移民局(?)が払わねばならないという決まりがあるのですね。

いや、だったら払ってくれてから結果教えてくれてもいいけど。

そして、続けて曰く、
「なので、交渉しておきました。
『ならば、先日追加で要求のあった、残高証明と会計士によるサインオフをチャラにして、
補償金を払わなければならなくなる前に審査結果を出してください。』
ということで。
また後日移民局から連絡(結果)が来たらお知らせします」

おお、弁護士さん、やっと頼りになってきた感じ!

そんなわけで、会計士に更なる出費をすることはとりあえず今のところ免れました~
しかし、この弁護士さんから最終的に送られてくる請求書を見るのが怖いです・・・


オランダ移住とビザ:新たな仮滞在許可をもらう

月曜日は、
最初、弁護士さんに連絡したのですが、オフィスにいないというので折り返し電話をお願いするも、音沙汰なし。
メールを書くも、返事なし。
やっぱり使えない。

ということで、自分で移民局に連絡しました。

電話口のお兄さん、私の申請の審査状況を調べて曰く、
「まだ審査中だねえ。でも仮許可証(パスポートに貼ってあるシールのこと)、切れちゃったなら、新しい許可証もらいに来る?」

切れちゃったままでは、オランダに居続けるのは不法滞在になっちゃいますから、アポを取り付け、
今日(火曜日)、行ってきました。

窓口の人曰く、
「まだ審査中だねえ。新しい仮許可証、ほしいでしょ?」

いや、欲しいのはビザなんだけど。

「ビザはまだ審査中だから。仮許可証あげるから、今日はこのまま帰って、ネットでクレーム立ててごらん。普通はそれで審査も動くよ」

はぁ、さようか・・・

ということで、新しい仮許可証をパスポートに貼ってもらって、今日は帰ってきました。

ちなみに、新しい許可証もまた6か月です。でも、新しい許可証を得た安心感よりは、
「この先また6か月も待たされる(可能性もある)のか??」
というやるせなさの方が強いです。

帰ってきて、メールをチェックすると、弁護士さんから返事が来ていました。
「申請日から6か月経ったから、クレームを立てることができます。自分に依頼する?30分くらいの仕事だけど」
自分でクレーム立てようかとも思ったのですが、すでにこの弁護士から移民局にコミュニケーションが発生しているのと、彼らの専門性でもって、私がつたないクレームを書くよりは効果的な仕事をしてくれるものと期待し、お願いすることにしました。
これで、本当に結果がさっさと出てくれればよいのですが。。

ちなみに、移民局の窓口の人に、こんなに時間のかかるケースもあるのか聞いてみたところ、
「自分が見た中では、9か月くらいかかったケースもあれば、さっさと終わったケースもあるよ。
ま、もっと悪いケースもあると思って我慢してよ

移民局も、爆破の危機。


オランダ移住と個人事業主ビザ手続き:再び移民局に行く

商工会議所でもやはりだめ、で、
振り出しに戻って移民局に再度行ってみました。

最初に質問しに行ったときに、「じゃ、税務署に行ってみて」とアドバイスくれたのと同じお姉さんにあたり、
「おお、あの時はどうも。
いやね、かくかくしかじかで、どうしても必要書類が揃えられないんですよ。
どうしたらよいでしょうね」
と聞いてみました。

同情してお姉さん曰く、
「ほんとにみんなダメなのよね、
お互い矛盾してるって分かってるのに、誰も改善しようとしないんだから。
そしたらね、書類提出するときに、
『かくかくしかじかで書類が揃えられませんでした。
一部情報が足りないままですが、提出します。
だって、移民局に受理さえされれば、後日不足分の書類を揃えて追加で提出できるので。
(ですからどうか受理してください)』
って、一筆付け加えてみて。

でないと、書類提出の時に、こういうこともあり得るということを知らない職員に当たっちゃったら、
受理してもらえないかもしれないから

ええと、なんか、さらっと言われたけど、結構恐ろしいことを聞いたような。

こういうケースを知らない職員なんて、そもそもいてほしくないし(知らなかったらただの素人じゃないですか)、
受理してもらえなかったら、本当にいったん出国じゃありませんか。

とはいえ、どう考えても、もはやできることはそれくらいしかない。

書類を一つ追加でしたため、用意できた最大限の情報をまとめました。

移民局に申請書を提出するためにはやはりアポが必要です。
アポを取りつけ、提出することになったのは、

実に入国から87日目のことでありました。

なんか、申請書類提出がクライマックスみたいになってきました。
そんなつもりじゃなかったのに…


オランダ個人事業主ビザ申請の手続きを始める:移民局さえ誤情報をくれました

さて、普通に就職活動することを(ほぼ)あきらめ、個人事業主になることに決めました。
いよっ、しゃちょー!やんややんや

今日は、この個人事業主としてのビザ申請にはどんな手続きが必要なのか、まとめてみます。

何はさておきまずは正式な申請書類一式をIND(オランダの移民局)でもらってきます。
INDはいつも混んでいて、場合によっては整理番号をもらってから数時間くらい待合室で待たされます。

ちなみに、個人事業主のステータスにも、厳密にはオプションは2種類あります。
一つは、普通の個人事業主ステータス。
もう一つは、オランダが日本とアメリカと結んでいる協定に基づいた個人事業主ステータス。

ちなみに、普通のステータスの方が、添付しなければならない書類が多く、面倒です。

書類をもらう時に職員の人から聞いたのは、

「日本人のあなたの場合、申請できるステータスには二つオプションがあるので、書類を提出するときには、二つのオプションのチェックボックスにチェックを入れておくとよい。そうすれば、一方がNGでももう一方のオプションで検討してもらえるから」
ということでした。

ところがね、後から分かったんですが、これ誤情報だったんですよ。移民局の職員が誤情報くれるってどうなのと思うんですが、誤りだったんです。でね、これが、この後続く、いろいろの苦労をまさに象徴していたのでした。

ふんふん、なるほど、要は、この書類に、必要な添付書類を添えて提出すればいいのね、なんか楽ちんそうじゃない?と、まだ現実を見ていない私は思いながら、移民局を後にしたのでした。

この、添付書類を準備するのがまーた一苦労でして、1カ月くらいかかりました。
なんか、いつも引っ張ってますが、また長くなってきたので、添付書類の詳細はこの次書きます・・