(2/17追記)オランダ語の勉強始めました

今更ですが。。

いや、やっぱり、3年半もオランダにいてまだオランダ語で話せないのはよろしくないですよね、ということで。

アムステルダムに来た当初にも通ったのとまったく同じ学校の同じレベルのコースです。これから5月まで週1回。

今度こそしっかり学んで次のレベルに行かねば。

 

ところで、日常のオランダ語の風景についてちょっと思ったことを。

 

スーパーなどでレジを済ませると、レジ係の人は「レシート要りますか?」と聞いてきます。

で、要らないので、「いいえ」というと、「ではよい一日を(Fijne dag.)」と言ってくれます。

 

この最後の「よい一日を(Fijne dag.)」は、特に返事を期待していない締めの挨拶みたいなものなんですが。

例えば英語だと、「良い一日を(Have a nice day.)」と言われたら、「あなたもね(You, too.)」と答えるのが普通のやり取りなので、なんだか返事をしないのが申し訳なくなっちゃうのですね。

でもオランダ語ではこういう場での自然な返事がないようなのと、もしあったとしてもまるっきりオランダ語が話せない私がそこだけごく自然にオランダ語で返すのも何だか変な気がして、ここはオランダ語が分からない外国人として、オランダ語の「よい一日を(Fijne dag.)」に対して英語で「あなたもね(You, too.)」といつも答えています。

 

そうしたら、返事を期待していなかったところに「あなたもね(You, too.)」が返ってくるのでレジ係の人もちょっと戸惑いつつも半分は嬉しくも思ってくれるようで、にっこりと「ありがとう(Thank you.)」と返してくれる人もけっこういます。

お客さんが多くて忙しい時はそんな余裕もないですが、そんな風にして外国人なりのコミュニケーションを取ってみている今日この頃なのでありました。

 

えー、さて、宿題を片付けねば・・・

一瞬ユトレヒトに浮気してきた時の写真です笑

 

(2/17追記)

「オランダ語ではこういう場での自然な返事がないよう」と書いておりましたが、今日オランダ語の先生に聞いてみたところやっぱりないはずはなく、「Jij ook(You, too.=あなたもね)」という答えが可能なのだそうでした。

が、「でもスーパーのレジでそんな返事する人誰もいませんよね?」と聞いたところ、「っていうか、スーパーのレジでそもそも『良い一日を』なんて言われるっけ?」と。

レジで「良い一日を」に誰も返事をしないのは、返事がオランダ語に存在しないからではなく、「良い一日を」を誰も聞いていないからだったようです。ちーん


2件のコメント

  • こんにちはー。
    オランダには『You, too.』みたいなやり取りはないのですね。新鮮!
    ドイツだと『Gleichfalls(あなたも同様に)』『Ihnen auch(英語でYou,too.)』という決まりの返し文句があります。
    スーパーではレジの人が早くてバタバタしてて (ほんとに早い!さらに袋に詰めるのを待ってくれず次の人を始めちゃう!)、よく言うタイミングを逃しちゃうんですけどね。。
    オランダもレジはどうですか?

    • Akiko

      コメントありがとうございます!お元気ですか?
      先ほど記事にも追記したのですが、やっぱり返事がないのはおかしいよね、と思いオランダ語の先生に聞いてみました。
      そしたら、教科書的な返事自体はやっぱりあるそうなんですね。でもスーパーでは誰も返事してないのですが。。
      オランダもレジ早いです!前後の人と混ざりそうになってよく慌てます笑
      ちなみに、昨日スーパーでまた英語で「You, too」と返したら、その返事で「You are welcome」というまた一歩進んだ感じで返ってきました笑
      今度はオランダ語で慌てながら挨拶できるように頑張ります 😀

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください