オランダ個人事業主ビザの必要書類まとめ

今回は、個人事業主として働くためのビザの添付書類についてまとめてみます。
※記事執筆時の情報です。ご自分で申請される際は、最新の情報を確認くださいね。

①普通の個人事業主ビザの場合
・ビジネスプラン(財務計画を含む)
・法人の定款
・商工会議所での法人登録証明書
・履歴書
・大学等の卒業証明
・その他、オランダで個人で事業やって、きちんと税金払って暮らしていけますよということを審査官に分かってもらうために必要と思われる情報一式

②日蘭修好通商条約(と訳されるのだと思う)に基づくビザの場合
・商工会議所での法人登録証明書
・法人の定款
・オランダの銀行口座での残高証明(最低4500ユーロ)

ふんふん、なるほど、これらを準備するのね、ということで、
申請書を移民局でもらった後すぐやったのは、ビジネスプランのドラフトでした。

その後、
ビザ申請は、自分でやっても時間かかるだけで全然前に進まないので
最初から弁護士に入ってもらった方がスムーズだよ、という例の日本人の友人からのアドバイスを受け、
紹介してもらった弁護士事務所へ。

ある程度書いたビジネスプランと、申請に当たっての不明点を箇条書きにして持って行きました。

この弁護士は、トルコ移民の2世の人で、私もトルコに数年住んでいたので親近感があり、美味しくコーヒーもいただいて茶飲み話に花を咲かせてしまいました。

で、ひとしきり話したら、
「だいたい自分で書類は準備できてるから、まずは自分で申請してごらんなさい。それで通ってしまえば、わざわざうちの事務所を使って大金使う必要はないのだし、節約になるでしょ?」
とのこと。

えーーっと、確かにそうなんだけど、既に経験者が、自分でやっても埒が明かないから弁護士を使った方がよいとのアドバイスであなたのところに来たんですが・・

という私の声には耳を傾けず、30分で面会終了。
「頑張ってね!」
と笑顔で送り出されてしまいました・・。

親近感はあったものの、やっぱりこう、トルコ人のメンタリティーなのですよね。
基本、めんどくさがりというか。

というわけで、期待していた弁護士の助けが得られないことになり、一抹の不安を覚えながら準備を進めました。


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください