海外生活中の女性がたぶん困ることの追加:生理用品とか水とか

こんにちは。

今日は、先日書いた記事に絡めて、頂いたご質問にお答えしてみます(Tomoさん、メッセージどうもありがとうございます!)。

メッセージの中でご質問はいくつかあったのですが、今回は

「化粧水とか生理用品は結局日本で買って送っていらっしゃるのですか?」

について書いてみます。

まず化粧水について。

化粧水などは、ある時はオールインワンゲルだったりある時はいわゆるプチプラブランドの化粧水と乳液などを、一時帰国中に買ってスーツケースに入れて持って来れば足りてました。なので大量購入して送ったりはしていません。

でも、最近はちょっと心を入れ替えてオランダ方式にしてみようと、「洗顔後いきなりクリーム」をやってみました!

ニベアのナイトクリームを近所のドラッグストアで買ってきたのですが、さすがニベア、フェイスクリームもハンドクリームの香りがして、かすかな違和感。。

でもナイトクリームと書いてあるのでナイトクリームの役割を果たしてくれてるのだと信じてます。使う量さえ自分なりの適量が見つかれば、クリームオンリーでもまぁまぁだいじょうぶな感じです。

 

そして生理用品について。

これは、一時帰国中に1パックなり2パックなり買って来て、それがある間は「んー、やっぱり日本製は素晴らしい」と噛みしめながら使い、なくなったらオランダのものを使いながら「んー、やっぱり日本製は素晴らしい」と再認識する、というのが私のルーティンです。

特に大量に買って送るということはしていません。んまぁ、オランダのものも全く使えないわけじゃないので。。

 

そして最後に、先日の「女性が困ることシリーズ」に一つ追加。水について。

以前、「アムステルダムについてとてもとても不満なこと」でも触れたのですが、ヨーロッパはだいたい水が硬くオランダも硬水です。私も髪と肌がギシギシガサガサになってしまって困りました。

で、この時の記事で書いていた硬水用シャワーヘッドというのがこれ↓


こんなやつ。

私の場合は、これを使うといつもよりはちょっとましかな?くらいにはなりました。

が、最近気づいたのですが、シャワーヘッドがなくても肌も髪も以前に比べれば随分マシになってきています。慣れたのかよく分かりませんが、とにかくこのところ、肌にも髪にも以前のような不快感がなくて爽やかです。なぜだろう・・

まぁこういうのって同じ人でも体調などで変わってくるので、またこのシャワーヘッド使おうと思うこともあるのかもしれませんが。。

 

生理用品にしても化粧水にしても、こういうちょっと気が利いた商品て海外では見ないので、日本はすごい国だとつくづく思います。Tomoさん、あるいはどなたか、こういうのをオランダやらに日本から輸出するのをお仕事にしてみませんか?海外生活者(特に女性)は私を含めてとても喜ぶと思います(笑)

 

別のご質問についてはまた別の記事で書いてみますね!


コメントを残す