アムステルダムでおすすめのカフェ、私的にはこのあたり

最近記事と一緒に載せている写真はインスタグラムと連動しているのですが、
インスタグラムの写真の一つに、
「おすすめのお店はありますか?」
と質問をいただきました(Cさんと呼ばせていただきますね、どうもありがとうございます!)。

これまでご質問やコメントいただいた方に直接記事の中でお話しすることってなかったのですが
(名指しされてる感があって良くないのかな?と思ったので)、
むしろ直接ご返信した方が良いのかも?と今回からそうしてみました。

カフェの写真に戴いたコメントなので、
おすすめのカフェ(というか、私が好きなところ)をいくつかご紹介してみます。

「アムステルダムでおすすめのカフェ、私的にはこのあたり」の続きを読む…


アムステルダムで賃貸:選択肢を広げる

先ほど分かりやすく転んで、膝小僧に絆創膏という小学生みたいな暮らしをしているけど
実態はおばさんの今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしですか。

今日は本当に美しく爽やかに涼しいので浮かれてさらに更新してみます。

ええっと、自分で貸し出すとかAir B&Bの夢が断たれたので、さらに予算状況は苦しくなりました。

で、Craigslistに載ってる物件を見ていて、
「これより安い物件が一つもないなんてことは、ないよね。
じゃ、どこか別のところを見れば、もっと安いのも出てくるのよね、きっと」
ということで、さらに探す範囲を広げることに。

「アムステルダムで賃貸:選択肢を広げる」の続きを読む…


アムステルダムで家さがし:違法なことはしたくない

ちょっと雨が降ってやっと涼しくなりました~!

昨日なんか15分ごとに気温を確認して、
0.5度上がるたびにまた上がった、あぁまた上がった、と
大騒ぎでございました。

さて、家さがしの話の続きをまた。

「アムステルダムで家さがし:違法なことはしたくない」の続きを読む…


アムステルダム移住後に賃貸:最初はCraigslistから

さて、スペインの妄想もいい加減にしておくことにして、
気を取り直して家さがしにまつわるあれこれです。

まずはもちろん勝手知ったるCraigslistから始めました。

だいたいどのくらいの予算で、どの辺に住みたいかをイメージしておいて、あとは片っぱしからチェック。

冬の間もちょくちょくCraiglistは見ていたのですが、やっぱり冬はアムステルダムの賃貸のマーケットは動かないのか、あまり新しい広告は出てきませんでした。

が、不動産屋さんも言ってましたが、夏はそれはそれは早く動きます。

だいたい3月下旬あたりから、新しくアップされる広告の数が激増していきました。

で、こうなってくると結構スピード勝負的なところがあります。

その日アップされた広告に、その日のうちに連絡を取らないともうテナントが決まってしまっている、
くらいのつもりで動かないと住みたい物件には入れないよ、と言われました。

なので、私も負けじと、良いかなと思った物件広告に片っぱしから連絡を入れます。

返事が返ってくるのは大体その3分の1か4分の1くらいだったように記憶しています。もっと少なかったかな?

で、運よく返事が返ってきた物件について、日程を調整して内見に行って検討するわけです。

えええと、なんだかこのままいくと際限なく続きそうなので、とりあえず今日はここまで。
小分けの方が、読みやすくていいですよ、ね?


発見!スペインにも個人事業主ビザがある!

家さがしの話、いきますー、と書いていきなり閑話休題ですが。

スペインにも、個人事業主ビザがあるんですね!

今年は夏にバルセロナに行こうと思っていて、バルセロナに恋しちゃったら、今度はバルセロナに移住しちゃう?
とか思ってる今日この頃です。

だって、スペインの方が生活費ずっと安いし~
オランダより暑いけど湿気はスペインもたぶんないし~

いつか書こうと思ってますが、今私がやってる仕事は、別にアムステルダムにいなくてもできるので、
住みたい場所があればそこに行っちゃえばいいだけの話なのです。

まぁでもせっかく今、5年分のビザもらえたし、そんなに急いでまた移住する気にもならないですけどね・・・
と、書いてる今、ちょっと日が出てきた!!

外出のチャンス!ちょっと買い物行ってきます!
家さがしの話はまた次回から!


アムステルダムで家さがしの話シリーズを始めます

遅くなりましたが、アムステルダムで家さがしの話、行ってみようと思います。

私この前気付いたんですが、日本を出てから今まで、ずっとフラットシェアだけだったんですよね。

アメリカは学生寮だったけど、トルコは4年間ずっと、アムステルダムでも今までずーっと一部屋借りる形で生活してました。

特にトルコでは、どうしても根付きたくない感が強くて、「根付く」ことを連想させるものは一切排除してました。

例えばマグカップみたいな小さなものから、自分でフラットそのものを賃貸するということまで、トルコに留まることにつながりそうなこと・連想されることは何一つNGにしてました。

アムステルダムには長く住みたいと思って渡航しましたが、今までは結局トルコと同じ暮らしをしてたんですよね。

トルコと比べて家賃がどうしたって高い、以前一人暮らししてた東京に比べてもやっぱりちょっと高い、というのがあって、踏み切れなかったのです。

あと、個人事業主だから貸してくれる大家さんもそんなにいないだろうな~、と端から半分あきらめていたのもあります。

それから、まだ収入が安定してなくて、その状態で毎月それだけの支出に耐えられるかまだ不安が残ってたのもありました。

が、やっぱり私も年取ったようで、オトナとしては自分で賃貸して住みたいよね、と思うに至り、ようやくその前提で家さがしを始めたのが4月。

その後の展開がまた興味深かったので、ここからシリーズにしてしたためてみようと思った次第です。

というわけで、今日のところは前置きということで、ここまで。
次回から、家さがしの旅について、行ってみます!


オランダ個人事業主ビザ更新できたそうです~

ビザの更新の申請が通ったようです!ぱちぱちぱち!

1月終わりに、移民局から
「書類に不備がありますよ」
という不穏なお知らせをいただいて、

もー私の手には負えない、と、また弁護士さんにお願いしたのです。

そしたら、お知らせの手紙ではやけに仰々しくいろいろ言ってきていましたが、

不備の内容そのものは簡単なものだったらしく、
今日弁護士さんから、
「ビザの更新完了しましたよ」
という連絡をもらいました。

やー、よかったよかった。

一安心です。

ちなみに、不備の内容は、私じゃなくて、税理士さんの簡単なミスでした。

なんかね・・いつも、こう・・・

ま、とにかく更新完了して良かったです。
早く受け取りに行きたいものだ!


オランダ移住後のヨーロッパ旅行:ベルギー行ってきます

この週末は、ベルギーはヘントに行ってきます。
トルコのときの踊りの師匠(トルコ人)が、招待されて
ワークショップやパフォーマンスをするのです。

電車で数時間なので、これは行かない手はない、ということで。

師匠に会うのはちょうど1年ぶりなので、とても楽しみです。
ヨーロッパって、電車でいろんな国に行けちゃうのがいいですね~


オランダ移住と個人事業主ビザの手続き:さらに書類提出?

トルコの状況は引き続き気になる日々ですが、
今日、弁護士さんからメールがあって、移民局から弁護士さんに連絡があったそうです。

曰く、
「まず、時間がかかってしまってお詫びします。」
よろしい、そこはちゃんとマナーできてますね。

「一つ、追加で提出してください。銀行に入れてある資本金について、会計士がサインオフしたバランスシートが必要です」
・・また??

正確には、私が提出したのは税理士による書類なので、会計士によるサインオフはありません。

会計士が、サインオフしたら直接、提出してくれなくちゃいけないらしい。
そして弁護士さんに確認したところ、できれば最近の日付で残高を証明して会計士がサインオフすると、
より、怪しまれる部分がなくなって良いでしょう、とのこと。

そもそも申請後、ビザがおりるまでお金稼をぐことができないので、
口座に資本金として最初に入れておいたお金だって生活のために使うことになります。
(個人事業主の資本金は生活費みたいなもの。)

そして半年(以上)待たせておいて、改めて追加資料として残高証明させて、
それが基準の額に足りなければ「資本金が足りてませんが?」と怪しまれていちゃもんつけられたって、
その辺の矛盾に、ボクたちは気づかないのかな~?

いいかげん、さっさとビザよこせ。
と、にこやか爆弾を差し出しながら言ってやりたくなるというものです。


トルコの話

トルコで、大規模な反政府デモが起こっています。
日本ではどの程度報道されているのでしょう。
私はすでにトルコを去ってしまいましたが、
1年前まで普通に歩いていたあの道が、あの広場が、
こんな風になってしまうなんて、
どうしても切なくて、
このブログにも書いておこうと思いました。
今Yahooに載っているニュースへのリンクをしておきます。
トルコ大規模反政府デモ 全国で939人拘束、数百人負傷か
それから、↓のリンクから署名することができます。
普段私はこういう署名はしたことがないのですが、
もし、何かの変化への力添えができるなら、と今回ばかりは署名しました。
Erdo?an: End the crackdown now!
もし、趣旨に賛同いただけるようでしたら、お名前を連ねていただけたらと思います。
今日も、フェイスブックには、デモに参加している友達による写真や状況のアップデートが
次々と流れてきます。
あまりに生々しくて載せるのは控えますが、そんな写真もたくさん流れています。
どうか、どうか、トルコの市民が望む方向で、これ以上の負傷者も死者もなく、
事態が一刻も早く収束に向かいますように。
トルコのみんな、がんばって。
ブログランキング・にほんブログ村へ