海外移住の準備:オランダ アムステルダム移住のために今何をすればよいのか分からない

こんばんは。

先日の記事「海外移住の方法:どうしたらオランダ アムステルダムに住めるのか」にコメントでご質問いただきました。

ここではNさんとさせていただきますね。Nさん、メッセージありがとうございます!

「私は昨年オランダに1ヶ月滞在し移住に向けて日本で自身と奮闘している32歳男性です。

この度、インターネット検索でこちらのブログを拝見させていただきコメントさせていただいております。

オランダ、アムステルダムは2度滞在したことがありその環境などに惚れ込んで移住したいと思っております。

ですが私の年齢、金銭的余裕や求人の少なさから挫折しかかっており今何をすべきかわかりません。

できたら春までにそちらに観光ビザでわたり友人のところに居候しながら就職活動をしようと思っておりまますが非常に不安でもあります。

一方的なコメントで恐縮なのですが貴様より何かアドバイスなどいただけると幸いです。」

ということでした。

 

「移住したい!けどいろんな制約があってどうすれば良いのか分からない!」というのはあるあるの悩みなのかもしれませんね。

まだ就職先も見つかっていないので観光ビザで入国したとしても、いつ仕事が見つかるか分からないし、本当に見つかるかもわからないし、その状態で移住するのはリスクが大きすぎるのか、また仕事が見つかる可能性はあってもそれまでに資金が底をつくかもしれない、考えると結論がない場所をぐるぐる回り始めそうですね。

ごもっともな悩みだと思うのです。

が。その場所にいても出口は見つからないですね。なので、どこかに自分なりの基準を作る必要があります。

自分なりの基準とは、

「1年間頑張ってそれでもだめなら諦める」とか、
「○○円の資金が続く限り頑張ってそれでもだめなら諦める」とか、
「お金も時間も無制限にあるので飽きるまで頑張ってそれでもだめなら諦める」とか。←なら悩まない笑

基準は時間軸でも金銭面でも精神面でも何でも良いと思うのですが、自分に一番しっくりするものです。

例えば「1年間頑張ってそれでもだめなら諦める」ことにしたら、1年分の資金はどれだけ必要でどうやって調達するのか、1年間でできる最大限の就職活動の方法にはどんなことがあるかなど知恵を絞ります。

「資金が続く限り頑張ってそれでもだめなら諦める」なら、その資金からだいたいどれくらいの期間滞在できるか逆算できるでしょうから(生活費のあたりのつけ方はこの記事で)、その期間でやはりどれだけのことができるか計画していきます。

要は、○の可能性を考えると躊躇しちゃうし、でも×の可能性を考えるとちょっと頑張ろうという気もするし、でも△の可能性を考えるとやっぱり不安になる、といういろんな可能性を、自分の対応できる範囲にまで具体的にしていけばよいのではと思うのです。

 

悩んでしまうのは、成功する保証がないからですよね。だいじょうぶ、絶対うまくいく!という確信があれば誰も悩まないですもの。でも、誰が何をするにも成功する保証なんてないんですよね。なので、不安要素を減らすために時間なりお金なりいろんなところから具体的に計画していくのです。

 

確かに将来が予想しやすい環境というのはあります。日本はいろんな面でそういう環境が整った素晴らしい国だと思います。

で、海外に移住するというのはそういう環境の外に出るということだと思うので、そこは割り切る必要があると思います。で、割り切ると言っても「ま、将来のことなんか分からないからとりあえず行っちゃえ!えーい!」と無計画に飛び込んで砕け散るよりは、自分の持っている資源の範囲である程度先を計画してみると無駄に砕け散るリスクも減るし、「いったい今自分は何をすれば・・」という悩みや不安はおのずと解消していくのでは、と思うのです。

いかがでしょうか。。

 

ちなみに、こういう方法は向き不向きがあると思っています。

私は上記のように偉そうに書いたことはまったく向きません(キリッ。ブログにも書いていますが、私は「ま、将来のことなんか分からないからとりあえず行っちゃえ!えーい!」と無計画に飛び込んだ人です。で、たまたま今のところどうにかなってしまっているタイプ。

私の場合は、頭で考えて計画を始めるとむしろ不確実な未来がますます見えてきて不安になって動けなくなるので、既に動くということが自分の中で決まっている場合はいろいろ計画立てずに動いてしまった方がうまくいくようなのです(あくまでも今のところ、ですけどね)。

カッコよく言うと直感型、またはただのおばかちゃんですね。

ただ、こういう無計画な感じは一般的にはおすすめできないので(当然だ)、普通に考えたらこんなアプローチになるのでは、というのを書いてみました。

ご参考になれば幸いです。

 

PS:コメントをいただいた元記事でも書いていますが、観光ビザで入国して就職活動を始める場合も往復チケットが必要のようですのでご注意くださいね。

ある日のご近所さんです。この日は晴れてましたが、寒かった・・・


コメントを残す