アムステルダム一人暮らし:漏水からの天井工事からのペンキも完了!おまけつきで。。(涙)

こんばんは。

熊本・大分・周辺で被災された皆さま、心よりお見舞い申し上げます。

余震や気象も心配です。

一日も早く平穏が戻りますように。

 

日に日に春らしさが増しているアムステルダムです。

 

今日はようやくペンキ屋さんが来てくれて、先日の漏水事件がひとまず終結しました~

 

ペンキ屋さんは朝8時から来て作業を始めてくれました。

汚れた部分だけきれいにするのかと思ったら、ほぼ家中の壁を塗り直してくれて、かなり大掛かりな作業になりました。

今回のペンキ屋さんもまたとても楽しい人で、モロッコ系オランダ人らしく作業中に聞いてる音楽はアラブポップ、思わず踊りだしたくなるという(笑)

素敵だなぁと思ったのは、先日の配管の業者さんもこのペンキ屋さんも、お話ししていて「この仕事好きですか?」と聞くと「あぁ、大好きだよ」ととても良い笑顔で言うんですよね。

それだけでおばさんあなた方に惚れそうでしたよ。

オランダの幸福度は先進国の中でも高いというのを見かけます。労働時間が短いからというのが一つの理由のようですが、労働時間が長かろうと仕事が好きで楽しんでやっている人にはその指標は全然当てはまらないね、とこういう人たちを見ていて思うのでした。

 

そんな素敵なペンキ屋さんのお陰様で壁や天井はまるで新築♥のような美しさ。まだ乾ききっていないので目がしょぼしょぼしますが、そのうち乾くでしょう(いや乾かねば困る)。

 

先日の漏水から始まった一連の出来事ですが、マイケル(注:ネズミさん)が所在不明なのを除いてはこれにて一件落着となりました。いやはや。

マイケルは・・きっと賢い彼のことだから、お互いが一番幸せな距離を保ってくれることでしょう。キッチンの下に殺鼠剤置いてあるけど。ごめんねマイケル。

 

しかしね。

ペンキ屋さん、「普通のオランダ人はね、ほんとに最低限の仕事しかしないけど、僕は違うの、問題に気づいたらきちんとすべて仕上げるよ、プロだからね」と、白く美しい歯がまぶしい笑顔でおっしゃってましたが。

最後の最後に気を利かせて塗ってくれたその一角には、私のお気に入りのセーターがあったのよね。

まだ一冬しか着てなかったんだけどね。

肩に、白いペンキ、「ぴたっ☆」って、大胆に付いてたよね。

一応「洗ったら落ちる?」って聞いたら、すごーく頑張ってごしごしやってくれて、ペンキは広がったしセーターには穴が開いて捨てるしかなくなったけどね。

最後、担当の大工さんが(お休みなので小さなお嬢さんも連れて)様子を見に来た時には、とっても誇らしく仕事のすべてを見せて、爽やかに私と握手して帰って行かれましたね。

もうその頃には私のセーターなんか記憶の遥か彼方に行っちゃってたね。

いや、安物のセーターでこんなにぶちぶち言うなんて、ほんと小さいんだけどね。

でも、気に入ってたんだよね・・・(涙)

 

また買おう。。

 

しかし最近気づいたのですが、こうやってしょうもないことでしょんぼりする私ではありますが、しょんぼりしてる真っ最中に、「ま、こうやってしょうもないことでしょんぼりしてる私も、可愛いよねっ!」と自分に言ってみると、いつもよりずーっと早く元気が戻ってくることが分かりました。

というわけで、皆さまも、漏水して天井に穴が開いてマイケルが登場してペンキがセーターについた時にはどうぞこの呪文をお試しください(なんのこっちゃ

 

あぁ、せぇたぁ・・・

あぁぁ、目がしょぼしょぼ・・・


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください