個人事業主で家を借りるのはやっぱり難しい

申込をした時点でなんだか賃貸できる気になっていたのですが。

後日、不動産屋さんから、「ダメでした」の連絡が。

個人事業主の人に賃貸する許可をお役所からもらえるかどうか分からない
というのが大家さんの不安だったそうです。

(物件によっては、賃貸するのに当事者の契約だけでなく、市役所からの許可が必要な場合があるのです)

でも、すっかり自分の勘を信じ込んでいるので、がっかりというよりも、
「あれー?変だなぁ、私の家になるはずだったのに」
なんぞととぼけたことばかり考えておりました。

ただ、実際問題、結局この家はこの時点で私のものにならなかったので、
また同じようにいろんな不動産屋さんにコンタクトしていきます。

で、もう一つ内見したところに、「ま、いっか」で申し込みを入れてみました。

こちらは、私の勘が言うところによると、
「住んでも最初の物件ほどハッピーにはならないけど、申込したらたぶん通っちゃう」
感じがしておりました。

そしたらね、本当に通っちゃったのですよ。

ウソみたいでしょ。

なんですが、どうにもすっきりしない。

住んでもハッピーにならないだろうな、という感覚と、
もう一つは、ここ、一番最初に「自分で貸し出しちゃっても、Air B&BやっちゃってもOKだよ」とのたまった、あんまり信用したくない感じの不動産屋さんだったのです。

何か違和感があったのは、
この家の内見にはやはり15人くらい来ていて、きちんとした会社で仕事をしている人がほとんどだっただろうに
なぜ個人事業主の大してリッチでもない私で大家さんがOKといったのか?
本当に大家さんはOKって言ったの??
もしかして不動産屋さん、手数料だまし取ろうとしてない???

最初にアムステルダムに来るときに、危うく詐欺にあうところだったため、どんどん不安が大きくなります。

そして、
「じゃ、まずは仲介手数料持って事務所に来てね、契約手続きするから」
という不動産屋さんの言。

やっぱりいやだな、この不動産屋さん、いやだな。
私の勘はますます私に言い募ります。

自分の感覚を信じる人って、この辺の感じに共感してくれる方が多いんじゃないかと思うのですが、お腹の中にこういう「変だな」という感覚があると、絶対進めないんですよね。

普通に考えれば、手数料で詐欺を働くより、たくさんの物件を成約させた方が彼らとしてもずっと合理的なはずなので、たぶん実際には詐欺じゃなかったんだろうと思うのですが、

それでも、やっぱり、なんかやだ
というのが抜けなかったので、こちらの物件は結局断ることにしました。

(で、断ってまた振り出しに戻ったわけなのですが、違和感がなくなってとても清々しくなっておりました)


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください