アムステルダムで家さがし:違法なことはしたくない

ちょっと雨が降ってやっと涼しくなりました~!

昨日なんか15分ごとに気温を確認して、
0.5度上がるたびにまた上がった、あぁまた上がった、と
大騒ぎでございました。

さて、家さがしの話の続きをまた。

また別の物件で連絡がついたので内見に行きました。

で、例の質問を今回の不動産屋さんにもしてみると。

ダメだよそんなことしちゃ。違法だよ、違法。

自分で所有してる物件なら何してもいいけど、テナントが自分が借りてる物件でお金儲けちゃダメだよ。

特にね、Air B&Bなんか、あまりに数が増えちゃってホテルが悲鳴を上げてるんで、一般の家でやる場合は年にお客さんを泊められる日数に上限がついたんだよ。

貸出するなら、貸出相手も賃貸契約に名前を載せるならOKだけどね」

やっぱね、普通の良識ある不動産屋さんなら、そう言うよね。

この後もいくつか不動産屋さんとコンタクト取ったりしましたが、最初の不動産屋さんと同じことを言った人は一人もいませんでした。

(ちなみに、Air B&Bは、CouchSurfingの有料版みたいな感じです。今回バルセロナに行くときの宿はAir B&Bで見つけました。

ホテルより安く、個人のお家の一部屋を借りて、そのホストとローカルな交流も楽しめるので、アムステルダムとかバルセロナとか、観光地でちょっと小遣い稼ぎをしたい人は結構やっています。

日本だとまだそんなにメジャーじゃないのかな?)

ただ、不動産屋さんはこれを仕事にしてる人だからそう言うけど、実際には、しれーっと一人で借りて、勝手に貸し出したりAir B&Bしたりしている人も多いです。だからこそ市まで出てきていろいろ規制しようとしてるのだけど、まぁ、実態は、ね・・・

ただ実態はどうあれ、自分はどうしようかな、と思ったとき、せっかく5年のビザをもらったところで、みんなやってるとはいえ「違法」とされることをほいほいとやって運悪く見つかって運悪くビザ取り上げられたりしたら泣くに泣けないよね、と思い、

ならば貸し出しやAir B&Bのアイデアはあきらめて、自分一人で自分一人用の物件を賃貸する方向にちょっと方向転換することにしました。

一人で賃貸するとすると、当初の目論見よりさらに予算が増えるのでシェアメイトを募集して一緒に契約するのもありなんだけど(実際それやる人も多い)、またその募集の手間やら相性やらを考えるとげんなりしてしまって、

えーい、方向転換、決定!それでもやってける!(たぶん!)

ということにしたのでした。

自分でAir B&Bなんかやったら、折に触れて世界のいろんなところからやってくる旅人と交流してついでに家賃の一部も稼げちゃったりして、さぞ楽しからずやと思うんですけどね~


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください