家具付き?家具なし?:アムステルダムの賃貸

オランダ・アムステルダムで物件を探していると、
家具付き
という物件が結構あります。

これは、ベッドもソファも冷蔵庫も電子レンジも、必要なものは一通りそろってますよ、ということです。

日本で賃貸しようと思ったらだいたいは空っぽのお家を借りて、自分で一通りそろえることになると思うので、こういうふうに「身一つで入居するだけ」の状態で賃貸できるのは便利ですよね。

もちろん空っぽのお家もたくさん出てるとは思うのですが、私は英語で検索できるサイトや不動産屋さんしか使えず、英語で検索してくる人は、これから何年アムステルダムにいるかも分からない外国人がほとんどなので、

これらのサイトや不動産屋さんも最初からそういう外国人をターゲットにしているため、見つかる物件もほとんどが家具付きだった、ということだと思います。

で、内見に行って、良いかなと思った物件には、不動産屋さんを通じてこちらから正式に申し込みをします。

私も、家具も何もかも全部ついていて、大きくはないけどエリアとしては良いところだし、全体として良さげかなと思った物件に申し込みをしました。

普通は、雇用契約書とかパスポートのコピーとかを送りますが、私は商工会議所での個人事業主登録の証明書とか、税理士さんに作ってもらった損益計算書などを送りました。

ここで、いきなりちょっと怪しげな話になりますが、皆さんは自分の勘とか直感てどれくらい信じますか?

私は、自分が住む場所とか何やかやのことについてはたまに何かを感じることがあって、もちろん間違ってることもあるのだけど、何となく信じて良さそうと思うことは何の理屈もなく信じちゃう方です。

(これが、自分だけじゃなくて他人についても何か感じられたら、
今頃なんちゃらヒーラーになってがっつり儲けてたと思うのですが、
残念ながら私の勘は自分についてしか分からないらしい)

で、この物件については、
「あ、なんか、多分この家に住むことになる気がする」
と思ったのですよね。

なので、この申込書を送った時点でもう決まったような気になって、
「ここに住んだらこの辺で日常の買い物をしたり、この辺に散歩に行ったり~」
なんぞと既に妄想を始めておりました。


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください