アムステルダムで賃貸・・より、不動産買っちゃう?

ある時、同じ物件の内見で会った女の子と話していたら、
今住んでいる家の大家さんがその物件を売りに出すことに決めたらしく、
泣く泣く現在家探し中なんだと言っていました。

曰く、
「どうせまた賃貸で見つけても次の大家さんが売りに出すことに決めちゃったらまた追い出されるんだし、
買っちゃった方がよっぽど安全だよね」

ほんと、そうんなんだよねぇ。

日本で家なりマンションなりを買うというと、一世一代の一大事のような気がしますが、アムステルダムで周りを見てるとあまりそんな悲壮感もないです。

大学出て数年くらいの若い人が、
「今度彼と家買うことにしたの♪」
とか言って、まるで自転車でも買うような気楽なノリで家を買っています。

で、子供ができたりして手狭になったら売っちゃって、また新しく買うという。

所変われば、ですね。

私は自営業なのでたぶんローンも組めないだろうと思って調べてもいませんが、
もうちょっとがんばって稼げるようになったら、どうにかしてローン組んでほんとに家買っちゃおうかと思っています。

だって、他人の都合で追い出されて苦労して次の家を探し、そしてまた同じこと・・なんて、大げさだけど尊厳に関わりますよ。

誰にも侵されない自分だけの居城があるというのは、本当に幸せなことだなと感じます。
一生ジプシー!とか言ってた私もこんなこと考えるようになったなんて、やっぱり年とったんだわ~

(いや、もうちょっというと、ジプシーだって自分の意志でそこにい続けたり次の場所に行くなら良いのですよね。

自分の意に沿わない移動を強いられるジプシーというのは、あまりやりたくないなぁ、ということかも。
と、ちょっと思いました)


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください