海外移住で際立つ日本人のまじめさとオランダ人のおおらかさ

例えば、メールのコミュニケーション。
日本人なら、メールで2つ質問受けたら、2つに必ず答えますよね。

質問への回答を一つ抜かしたりしたら、
「私はメールの返信もまともにできない無能な人間です」
と自ら言ってるようなもの。

仕事上のやり取りだったら、お客さんからの信用はガタ落ち。

ビザの手続きをしていた時、いろんな人たちとメールも含めてやり取りするわけですが、
彼らって違うんですよね。

面倒な質問はあからさまに無視
あるいは、返事すらしない

最初、こういう手抜きのコミュニケーションに触れて、
「また、人をバカにしてっ!」
と怒りもたびたび覚えましたが、

最近では、むしろ日本人が生真面目すぎるんだわ、と思えてきました。

それくらい手抜きして、残業も全くせず、週4日勤務で、
平日1日は日中から運河でボート遊びして、毎月のように休暇を取って、
子育てをして趣味をして美味しくご飯を食べている彼らの生活や仕事の仕方の方が、

なんでも丁寧にきちんとこなして、何時間も残業して、コンビニのサンドイッチが主食で、
最近の休みはいつだったのか覚えていない生活よりも、
よっぽど健康的で、効率的で、人間らしいんじゃないかなと、
思ったりする今日この頃です。

でもやっぱり、メール無視こかれると、イラッとしますけど。


2件のコメント

  • LiveInAms

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    社会的な信用の意味も、約束の持つ意味も、国によって全然違うんですよね。
    自分の常識がこんなに非常識だなんて、今になってもまだ新鮮です。

  • wombat

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    難しいですね。
    例えば8月3日に荷物が届きますから。という連絡がきても届くのは1週間後だったりするのは国民性だと思うわけです。日本ではそういうことをしていると仕事としても社会的な信用もなくなるわけですから。
    人間としてどれが正しいかは分かりませんが、私は約束した事は守るし、約束を守れないような人はあまり一緒に行動はしませんね。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください