海外移住とその国の国民感情:オランダ人の日本人への国民感情は?

よし、アムステルダムに行こう、と思ったときに脳裏をかすめたのが
オランダ人て、アンチ日本だったりしないよね?
という疑問でした。

例えば、トルコって親日国だって言いますよね。

私のトルコでの個人的な経験としては、確かに親日国ではあるかもしれないけど、親アジア人では必ずしもないよね・・という感じでした。

なので、トルコの次はオランダ!と思ったとき、あれ、オランダ人の日本人やアジア人に対する感情はどんななんだろう、とふと思ったのです。

渡航してから実はオランダが筋金入りのアンチ日本な国だったと学ぶのはさすがによろしくないでしょう、ということで、事前にちょっと調べたところによると、

「オランダはヨーロッパの韓国」

というちょっとショッキングな記事を見かけたのです。
つまりオランダ人は、韓国人並みに日本人が嫌いだと。

世界大戦を経験している世代には、日本の攻撃によって痛手を負った人も結構いたらしく、そういう人ではアンチ日本の人もいるんだそうです。

とはいえ、そもそもそれは主流派では必ずしもないのと、戦後これだけの時間も経っているので、オランダ人全体としての日本への国民感情は現状は極めて中立的、という結びになっていました。

この記事を見かけたとき、最初はちょっと怯んで、
か、考え直そうかな・・
ともちょっと思ったんですよね←なんて弱気

ただ、「こういう傾向らしい」と言われることと、自分が経験すること&経験から感じることって全然別物だよね、というのと、もしそうであってもやっぱりアムステルダムに行きたい、というのが自分の中で勝ったので、それほど悩まずに来てしまいました。

で、実際アムステルダムに来てみてからの私の経験はというと、ヨーロッパの韓国というほどの嫌悪感をぶつけられたことは一度もありません。

というか、誰もこちらが日本人か何人かなんて気にしません。そういうの大好きです。

たまに、昼間から酔っぱらっているようなおっさんなどは「韓国人~?中国人~?にーはお」などと言ってきますが、こういうのはオランダに限らずどこでもありますね。これは目の前の風景から削除しています(笑)

これが、アムステルダムではなく、日本人どころか外国人がそもそも少ない田舎町だったりするとまた状況は別かもしれません(むしろものすごく歓迎されるかもしれないし、逆に外国人として疎外感があるのかも。人や場合によるのでしょうね)。

いずれにしても、海外移住するということはその土地でのよそ者の立場を選びに行くということなので、何かしら自分はこの土地の人間じゃないんだなと感じることはあるんだろうなとは思います。

そういう経験もいつもおおらかに笑って過ごせるような人でありたいものですねぇ。

日本代表として柴犬くんにも頑張ってほしいものです。


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください