祝!2周年!

本日、オランダ渡航2周年を迎えました!
ぱちぱちぱち!
確か去年の今頃、夏風邪で咳をしながら、
「来年の今頃も、アムステルダムで2年経ってました~と言えたらいいなあ」
といっていた気がしますが、
2年経った今日、やっぱり夏風邪で咳をしながら
今日の記事を書いています。
夏風邪って本当にいやね(そっち?
まー、よく2年持ったってもんです。
目下の心配事は、今年末のビザ更新。
もう少ししたら、更新に関わるお知らせが届くんじゃないかと思ってるのですが、
無事更新できたら、いいなー!と祈っています。
さてさて、これからどうなることやら!
 ブログランキング・にほんブログ村へ


オランダ移住とビザ手続き:ビザに関わる法改正のメリット

ところで、私のビザは、6月におりましたが、
ビザの有効期間の開始日は、
1月の、書類がすべて提出された日まで遡ります。

なので、実際にビザを受け取ったのは提出してから半年たっていましたが、
この半年分は、指をくわえてただ損したことになります。

本当に、この、法改正のためのごたごたのとばっちりを食った形になるのですが、
一つ、時間がかかったことによるメリットもありました。

これまで(6月1日以前)、ビザの有効期間は1年間だけでした。

したがって、たとえば私のように半年も待たされると、
せっかくビザをもらえても、半年後には更新の手続きをしなければなりませんでした。

そしてそれは、当然お金も時間もかかることでありました。

しかし、6月1日付で法律が改正されたことで、
6月1日以降にビザが交付された人のビザの有効期限は、
★☆2年☆★きらきら
になったそうです。

私のビザはこの6月1日より後に交付されたので、私のビザも2年間有効です!

ただし、前述のように有効期間は1月まで遡るので、実質的には1年半分だけなのですが。
それでも、また半年後に更新の手続きをしないで済むのはありがたいです。

どうやら、この改正で、申請に必要な書類もこれまでより簡略化されたようだし、
審査の手続きも私みたいに時間がかかることはなくなったようだし、
・・なんで去年来ちゃったんだろ。

という後ろ向きなことは言わず、考えず、
とりあえず1年半分もらえて、良かったー♪
と思っておくことにします。
なので、これからオランダで個人事業主のビザ申請しようと考えてる方にとっては、
ビザ申請の手続きだけ考えれば、朗報かもしれませんね。


オランダ移住と個人事業主ビザ手続き:本日ビザ受け取りました

本日、ビザ、受け取ってきました!!!

先日、弁護士さん経由で移民局から来た連絡には、
「招待状を受け取ったらビザを受取に来れます。
招待状が届くまで、
いつ受け取れるのかなどの問い合わせは移民局にはしないでください
といういかにもオランダなことが書いてあったので、
今まで連絡も我慢していたのです。

そんな中、先週には弁護士さんから、
「あのー、先日の請求、まだ支払してもらってないみたいなんですけど」
と、とんちんかんなメールが来ていたので(もちろん払ってます。2か月前に。)、

「払いましたが。おかしいですね。
ところで、まだ移民局から招待されてません。お知らせまで」
と、お伝えしておきました。

それについては弁護士さん、移民局に確認してくれて、曰く、
「招待状はまだ『ドラフト』段階だそうです。もうちょっと待っててね」
とのこと。

どんなたいそうなドラフトしてるんだ、と思いつつ、
そろそろ今週あたり、連絡しようと思っていましたら、
本日また弁護士さんよりメール着信。

曰く、
「移民局の間違いでした。もう招待状できてます。6月18日付で。受け取りに行けますよ」

・・あんたたち、どんだけ人を馬鹿にしたら気が済むのか、
ちょいと教えてはいただけまいか。

などと独り言を言いながら、即座に移民局へGO。
ようやく受け取りました。

銀行のカードと同じ大きさのIDカード。

本当にたったこれだけのために、どれだけの時間とお金と気力を使ったことか。
もう、あまりの達成感にこのまま日本に帰っちゃったっていいくらいの気分です(うそ

やーっと、やっと、スタートラインです。
これから、仕事を自分で作り出して、生きていかねばなりません。
はてさて、どうなることやら。
ブログは今後も続きます。

っていうか、本当に、ここ以降の話が本題になるはずだったんですから・・・
なのに、ビザ取得に時間がかかりすぎて、ビザ取得の話が本題になっておりましたよ。
やれやれ。


オランダ個人事業主ビザ:おりたらしいが受け取りはいつなのか

さて、「ビザ取得!!!」とたいそうなお騒がせをしましたが、

正確には、
「『ビザがおりました』と移民局から連絡がありました」と、
弁護士さんから連絡をもらいました。

という状況です。

で、現在は、移民局からの、
「ビザ受け取りに来てください」という招待状 ← ”Invitation Letter”を訳すとこうなる
を心待ちにしているところです。

早く招待されたいものです。
そして、招待するからにはお茶菓子くらい用意しておいてほしいというものです。

先日、弁護士さんが、
補償金払わなくていいから、追加文書なしでさっさと審査終えてください、と交渉してくれたから(なのか)、
本当にすぐに審査は終わったようで、今まで何のためにこんなに時間がかかったのか、
まことに理解に苦しみます。

しかし、この招待状が届くまでに今度はどれだけ待たされるんでしょうね。

そして、招待状、本当にちゃんと届くんでしょうねぇ。。

とか、疑いだしたらきりがありません。
招待状もらったら、どんなパーティードレスで移民局に受け取りに行こうかしら~ るるる~


オランダ移住とビザ手続き:追加書類は免れた

ブログの内容が現実に追いついてから、なんだか実況中継みたいなブログになってきてますね。

今日、また弁護士さんから連絡がありました。
曰く、
「移民局から連絡があって、
『審査に時間がかかってて、申請者(私のこと)に補償金を払わねばならななるタイミングまでに審査が終わりそうにない』
ということです」
どうも、一定の時間を過ぎると、申請者に補償金を移民局(?)が払わねばならないという決まりがあるのですね。

いや、だったら払ってくれてから結果教えてくれてもいいけど。

そして、続けて曰く、
「なので、交渉しておきました。
『ならば、先日追加で要求のあった、残高証明と会計士によるサインオフをチャラにして、
補償金を払わなければならなくなる前に審査結果を出してください。』
ということで。
また後日移民局から連絡(結果)が来たらお知らせします」

おお、弁護士さん、やっと頼りになってきた感じ!

そんなわけで、会計士に更なる出費をすることはとりあえず今のところ免れました~
しかし、この弁護士さんから最終的に送られてくる請求書を見るのが怖いです・・・


オランダ移住と個人事業主ビザの手続き:さらに書類提出?

トルコの状況は引き続き気になる日々ですが、
今日、弁護士さんからメールがあって、移民局から弁護士さんに連絡があったそうです。

曰く、
「まず、時間がかかってしまってお詫びします。」
よろしい、そこはちゃんとマナーできてますね。

「一つ、追加で提出してください。銀行に入れてある資本金について、会計士がサインオフしたバランスシートが必要です」
・・また??

正確には、私が提出したのは税理士による書類なので、会計士によるサインオフはありません。

会計士が、サインオフしたら直接、提出してくれなくちゃいけないらしい。
そして弁護士さんに確認したところ、できれば最近の日付で残高を証明して会計士がサインオフすると、
より、怪しまれる部分がなくなって良いでしょう、とのこと。

そもそも申請後、ビザがおりるまでお金稼をぐことができないので、
口座に資本金として最初に入れておいたお金だって生活のために使うことになります。
(個人事業主の資本金は生活費みたいなもの。)

そして半年(以上)待たせておいて、改めて追加資料として残高証明させて、
それが基準の額に足りなければ「資本金が足りてませんが?」と怪しまれていちゃもんつけられたって、
その辺の矛盾に、ボクたちは気づかないのかな~?

いいかげん、さっさとビザよこせ。
と、にこやか爆弾を差し出しながら言ってやりたくなるというものです。


オランダ移住とビザの手続き:弁護士さんから手続き促進のクレーム提出

火曜日に、新しいシールをもらったあと、弁護士さんにクレームを立ててもらうようお願いしました。

その後、
「おっけー、じゃ、クレーム出しとくね」
などというマメな連絡は当然のようになかったので、

今日、
「火曜日のうちにクレーム出しておいてくれたんだよね?で、クレーム出したからには、すぐにも結果出るんだよね?」
と確認を入れました。

これへの返事もすぐには来ないだろうなと思っていたら、これには返事が来まして、
「クレーム出しといたよ。
でも、すぐにも、というのは、ちょっと楽観的過ぎるかもね。ニュースがあったらまたお知らせするよ。」
とのことでした。

・・・ミサイル発射、準備!

でも実際、外国にひょっと行っちゃうような人は、楽観的じゃないと、やってけませんわよ。
ねぇ。


オランダ移住とビザ:新たな仮滞在許可をもらう

月曜日は、
最初、弁護士さんに連絡したのですが、オフィスにいないというので折り返し電話をお願いするも、音沙汰なし。
メールを書くも、返事なし。
やっぱり使えない。

ということで、自分で移民局に連絡しました。

電話口のお兄さん、私の申請の審査状況を調べて曰く、
「まだ審査中だねえ。でも仮許可証(パスポートに貼ってあるシールのこと)、切れちゃったなら、新しい許可証もらいに来る?」

切れちゃったままでは、オランダに居続けるのは不法滞在になっちゃいますから、アポを取り付け、
今日(火曜日)、行ってきました。

窓口の人曰く、
「まだ審査中だねえ。新しい仮許可証、ほしいでしょ?」

いや、欲しいのはビザなんだけど。

「ビザはまだ審査中だから。仮許可証あげるから、今日はこのまま帰って、ネットでクレーム立ててごらん。普通はそれで審査も動くよ」

はぁ、さようか・・・

ということで、新しい仮許可証をパスポートに貼ってもらって、今日は帰ってきました。

ちなみに、新しい許可証もまた6か月です。でも、新しい許可証を得た安心感よりは、
「この先また6か月も待たされる(可能性もある)のか??」
というやるせなさの方が強いです。

帰ってきて、メールをチェックすると、弁護士さんから返事が来ていました。
「申請日から6か月経ったから、クレームを立てることができます。自分に依頼する?30分くらいの仕事だけど」
自分でクレーム立てようかとも思ったのですが、すでにこの弁護士から移民局にコミュニケーションが発生しているのと、彼らの専門性でもって、私がつたないクレームを書くよりは効果的な仕事をしてくれるものと期待し、お願いすることにしました。
これで、本当に結果がさっさと出てくれればよいのですが。。

ちなみに、移民局の窓口の人に、こんなに時間のかかるケースもあるのか聞いてみたところ、
「自分が見た中では、9か月くらいかかったケースもあれば、さっさと終わったケースもあるよ。
ま、もっと悪いケースもあると思って我慢してよ

移民局も、爆破の危機。


オランダ移住とビザの手続き:明日でビザ申請から6か月。まだおりてない

明日、5月27日は、ビザの申請書を提出してからちょうど6か月目に当たります。

パスポートに貼ってある
「この人は、ビザを申請したので、今後6か月は合法にオランダに住んでいいですよ
(でもお金稼いじゃだめですよ)」
というシールの有効期限です。

頼りにあまりなってない弁護士さんに連絡をするか、
もうすっ飛ばして移民局に直接連絡してしまうか考え中ですが、
とにかく何かのアクションが必要です。

というわけで、明日はちょっとドキドキの月曜日になりますが、
またご報告します~

アムステルダムは、最近では10時過ぎても明るいくらいです。
まだ寒くて厚手ジャケットでもいいくらいですが、
緑はずいぶん増えました。

早くサンダルで歩けるようにならないかな~